精神科に行こう!ねこちゃんのメンタル案内

精神科に通う人、通うかもしれない人の為にあれこれ書いてるブログ

精神科で正しい診断されない、誤診?

正しい診断と誤診

f:id:nekotamako:20220111204835j:plain

精神科に行って誤診されたことはありますか?

精神科は誤診が多いといいますが、なぜそうなるのか?
誤診されるとどうなるか?

今回は誤診についての話です。

なぜ患者がわかる?

自己診断と同じ病名を正しい診断と思っていませんか?

なぜ、診断された病名が間違っていると判断できるのですか?

自分が気に入った病名が正しい診断ですか?

基本的に患者が
自分の病名が正しいか間違っているか

判断できるものではないはずです。

そもそも精神科の病名とは

医者なら診断基準に照らし合わせて明らかにこの病名と判断できることもありますが

精神科の病名は検査の数値など
はっきりと目に見えるもので診断ができないので

どの病名をつけられても、客観的な証拠がないのは一緒ですよ。

お医者さんなら患者が
精神病と神経症などの精神病以外の疾患かの違いくらいなら、
判断するのが難しくないと思いますが

はっきりと病名を判断することができない場合も少なくないです。


病名が大切なわけではない

患者側がとるべき姿勢は

正しい診断かとか病名にこだわるのではなく

正しい治療かこの治療でよくなるか
の方を気にしてみること

病名が何であろうと
自分が困っている症状や状態から解放されたら
それでいいのですから

例えば
精神病でもなく、うつに似ているけどうつ病というほどでもなく、ほかの神経症にも当てはまらない場合など

適応障害などと案外適当に病名としてつけられることもあるようです。

たとえその病名(適応障害)が間違っていても、その治療が患者の害になることはほとんどないからです。

あくまでも適応障害の場合です。

しかし、精神病か神経症かを間違えたら大変です。

誤診と判断するとき

長いこと治療していてもよくならないときは、誤診を疑いたくなりますね

本当は精神病なのに、神経症の病名を診断されていたら良くならないでしょう。

精神病と神経症の区別がつかない人も多いと思いますが

nekomental.work

↑この記事で書いています。

適応障害とうつ病を誤診されていたとしても、誤診されたまま良くなることも結構あるでしょうね。
両者は特徴も治療薬も似ていますから。

そしたら、誤診なんてあってないようなものです。

でも、精神病と神経症を間違われたら、治療薬がそもそも違うのでよくならない可能性が高いです。

精神病は、抗精神病薬がよく効きます。
抗不安薬のみ処方されていたらよくならず最悪の場合悪化します。

治療を続けているのによくならないとき、誤診を疑うのは正しいと思いますが

自分の思った病名と違うから誤診

それはないでしょう…。