ネコネコメンタル診察室

精神科に通う人、これから通うかもしれない人の為のブログです

精神科医の本性

f:id:nekotamako:20210801133030p:plain

精神科医、どんな人?

精神科に行ったことがない人は特に

精神科医に対して

人の心が読める

常に精神分析をしてる

人を見ただけで異常や正常を判断できる

などのイメージを持っているかもしれません。


間違いです!

特別な人ではない

普通の人。普通の医者です。

大学で医学の勉強をしていた。心理学ではありません。


多くの精神科医は心理学には詳しくないですよ。
だから、精神分析もしない人が多いです。

超能力者じゃないので、人の心も読めません。

何の情報もない相手の悩みを見抜くような、占い師のような人でもありません。

カウンセラーじゃない

心理学の勉強をしていたわけではないので、カウンセラーでもありません。

これも、精神科に詳しくない人が思いがちなことですが
精神疾患はカウンセリングで良くなるとか


状態によってはカウンセリングは向かないこともあるし

よくなることもありますが、そうでないことも多いです



カウンセリングの目的は

対話を通して本人に気付きを与え、本人が解決方法を見つけること

カウンセラーの主な仕事は傾聴。話を聞くことです。

カウンセラーが、本人の代わりに問題を解決してくれるわけではありません。

精神科医も同じ。あなたの問題を代わりに引き受けてくれるわけではありません。


カウンセリングを受けようと精神科医の治療を受けようと

本人次第

なところもあるのです。

あくまでも医者

精神科医は医者ですから、主な仕事は

診察、治療

医者は大抵、治療のために薬を出すので

精神科医も例外ではありません。

中には精神科の薬は怪しくて嫌だ

という人もいますが

それも良いです。


そもそも、神経症などは薬が必要ともかぎりません


嫌なら、薬物治療以外も考えてくれるはず


しかし、それに本人が満足するかどうかも重要ですね。

意外と理系?

精神医学が文系的な学問だと思ってる人も多いですが

意外と理系です。

確かに、心理学が関わるようなところは文系に見えるかもしれませんが

精神科医は、医者ですから理系の医学部出身です。

意外ではなく理系な人たちです。

精神科医といっても、ほかの診療科と同じような医者として考える方が

的を得てるとおもいます。




まとめ

精神科医は

カウンセラーでも

超能力者でも

占い師でも

ありません


普通の医者です。